スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の営業開始しました

昨日1月7日より新年の営業を開始しました。
本年も三愛自動車をどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、皆様は年末年始のお休みをいかが過ごされたでしょうか?
今年は曜日の配列も良く、8日間以上という長めの休日を過ごされた方も多いのではないでしょうか。
弊社も昨年末30日より8日間のお休みをいただきましたが、正直な感想少し長かったかなというのが本音です。

昨日の仕事はじめでは、年始のあいさつ回り等いろいろやりたいことを考えてはいたのですが、長い休み明けの影響からか、新年早々現場作業がバタバタとしてしまったため、予定通りとはいきませんでした。

その中で新年初私が現場担当したのが、弊社製品シーソーキャッチの不具合に関する修理対応です。
こちらは一昨年の東京トラックショーにてご興味を持っていただき、シーソーキャッチをお取付いただきました佐賀県の運送会社様のトラックに関するものですが、ボデー会社営業様より不具合があるので見てほしいとの連絡をいただき、早速午後からその対応にあたりました。

ご入庫後、不具合箇所を確認、ドライバー様に問診を行った結果、不具合の原因はウイングを閉める際に、前側のパネルが先に降りてきてしまい(前後でひねってしまい)、その際に他所と干渉してシーソーキャッチが故障・作動不良に至っていたということが判明しました。


IMG_7211.jpg

IMG_7208.jpg

IMG_7220.jpg


トラックのウイングは前後に油圧シリンダ等のアクチュエータが組み込まれており、これが伸縮・回転することで開閉する仕組みとなっています。そして、通常は前後のアクチュエータの同期がとれているため、ウイングは前後同じように開閉します。
しかし、この同期がうまくとれていないと、前後一方のみが速く伸縮・回転してしまうため、ウイングがひねって開閉することになります。
シーソーキャッチは、アクチュエータの同期がとれ、ウイングが前後同時にひねりなく開閉することを条件として機能するものであるため、同期がとれていない場合には他所との干渉や過負荷により、故障・作動不良となることがあります。

今回はドライバー様にお伺いしたところ、通常開閉時にはウイングは前後ひねりなく開閉するのだが、積込場所によってはウイングを途中までしか開くことができない所もあり、途中まで開いた状態からウイングを閉めると、ひねって降下してきたのでアオリロックと干渉してしまい故障したとのお返事をいただきました。

該当部品の交換と他箇所の点検を行い、作業終了。
上記故障箇所・原因等をドライバー様とボデー会社様にもお伝えし、トラブルは解決しましたが、いろいろと経験を積ませていただきましたおかげで、施工・使用上の問題点やトラブル対処方法等確立されてきました。
お客様に喜んでいただけるよう、日々努力・改善していきたいと新年早々改めて実感させられました。

日々之精進

スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。